音楽プロデューサーの亀田誠治=KAMEDA(Ba.)とflumpoolの山村 隆太=YAMAMURA(Vo.)&阪井 一生=SAKAI(Gt.)が中心となって結成したスペシャルユニット、THE TURTLES JAPAN。おそらくほとんどの人がライヴを目撃するのは初めてだろう。そんな多くの期待が渦巻くなか、メンバー全員がアノ強烈なアーティスト写真のままにインディアンのような衣装とメイクに身を包んでステージに登場。11月にリリースしたニューシングル“It's Alright!”の躍動感のあるロックサウンドで会場は一気に熱くなった。基本の3人以外のメンバーは流動的ということで、今回のステージにはレミオロメンの神宮司 治=JINGUJI(Dr.)と、数多くのアーティストに楽曲を提供してヒットを生む出し続けるシンガーソングライターの磯貝サイモン=ISOGAI(Pf. & Key.)が参加。まさにJ-POP界が誇るミュージシャンたちが集結したドリームバンドが目の前で演奏しているのだ。

まだ誕生したばかりのバンドなので最初の1曲以外はすべて未発表曲。真っ赤なライティングを浴びてKAMEDAによるゴリゴリのベースが唸り声をあげた“Jerassic”のあと、一瞬クールダウンして混沌としたサウンドが広がった“風花”ではYAMAMURAはねっとりと色気のある歌声を聴かせる。flumpoolではちょっと見られないボーカルスタイルだ。「COUNTDOWN JAPAN、楽しんでいますか? もっと楽しみたい人! 一緒に歌いましょう」と、♪ダンス ダンス ダンス レディゴーというフレーズをみんなで歌ったポップナンバーは、さすがJ-POP日本代表を掲げる音楽集団だけに抜群の訴求力を持ったメロディ。初聴きのハンデは一切なく、会場を見事にひとつにしていく。そしてYAMAMURAが「ラストー!」と叫んで繰り広げられたギラギラのダンスロック“JAPANESE SPIRITS pile-up”では、どこか和のテイストを感じるサウンドにのせて、日の丸が描かれた扇子を振り回すYAMAMURA。その後ろで腰を低く沈めながらプレイするSAKAIとKAMEDAの楽しげな姿も印象的だった。(秦理絵)




この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RO69
ロッキング・オン公式 音楽ニュースアプリ
COUNTDOWN JAPAN 14/15 公式アプリ中!
COUNTDOWN JAPAN HISTORY
レポート一覧