さて、COUNTDOWN JAPAN 14/15がいよいよ開幕! MOON STAGEのトップバッターを務めるのはLiSA。昨年はじんのゲストヴォーカルとして登場したが、単独出演は今年が初だ。登場するなり大歓声が彼女を迎え入れる。ギター×2/ベース/ドラム/キーボードのサポートメンバー=らーメンズによるエッジの効いたビートを背にして投下された1曲目は“Rising Hope”。「幕張ー!」と叫ぶLiSAに触発されるかのように大音量のオイ・コールが巻き起こっていく。「はじめましてLiSAです。ジャパン、ここにいるみんなで最高に楽しんでいきましょう。ピース!」と会場いっぱいピースサインが埋め尽くすと、“say my nameの片想い”のご機嫌なイントロへ。サビでのキュートな振り付けが印象的なナンバーで、オーディエンスたちもそれを真似たり、ハンドクラップをしながら楽しんでいる。ピョンピョンと飛び跳ねながら唄うLiSA自身も心底楽しそうで、その人懐こい笑顔がスクリーンに大映しになっていた。そのハッピーなモードから一転、“DOCTOR”では骨太のバンドアンサンブルに乗り、身体をくねらせるようにして踊りながら妖艶な魅力を振りまいていく。「すごい!後ろの方までいっぱいですね。横の方も大丈夫?」と満員のフロアを気遣いつつ、「最初からブッ飛ばしちゃったんですけど大丈夫ですか?」と一言。もちろんオーディエンスも「イェーイ!」とそれに答える。「SNSでCOUNTDOWN JAPANに出るよって言ったら、日本武道館2DAYSやるよって言ったときよりもたくさん『いいね!』がきました(笑)。LiSAとしては初めての出演なんですけど、そうやっておめでとうと言ってもらえて、こんなにたくさんの方が集まってくれて嬉しいです」と感謝の気持ちを伝えた。そして「とっても大切な曲を唄わせてください」と告げると始まったのはキーボードのロマンティックなイントロ――続いては最新シングルの表題曲“シルシ”だ。先ほどまでのアッパーチューンとは打って変わってこちらは壮大なバラード。胸に手を当てながら渾身の想いを込めるかのように唄い上げる姿が印象的だった。そしてラストは“BRiGHT FLiGHT”。ジャンプをしたりハンドワイパーをしたりと大盛り上がりなフロアの様子を見ながら「すごーい!」と喜ぶLiSA。「このあとも楽しんでいってください!そして残りの2014年がみなさんにとって最高の年になりますように!」と最高にハッピーなムードでライヴを終了させたのだった。(蜂須賀ちなみ)




この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RO69
ロッキング・オン公式 音楽ニュースアプリ
COUNTDOWN JAPAN 14/15 公式アプリ中!
COUNTDOWN JAPAN HISTORY
レポート一覧