4日間にわたって繰り広げられたCOUNTDOWN JAPAN 14/15の熱演も、いよいよ終幕の時がやってきた。ここCOSMO STAGEのグランド・フィナーレを飾るのは、5年連続のCOUNTDOWN JAPAN出演となる真空ホロウ! 「COUNTDOWN JAPAN 14/15、大トリを務めさせていただきます。真空ホロウです!」という松本明人(Vocal/Guitar)の宣誓から、昨年2月の1stシングル曲“虹”へ! ワイルドかつ艶やかに咲き乱れる松本の絶唱と、ダイナミックな爆発力に満ちた3ピースのロック・アンサンブルが、夜明けにはまだ遠い幕張メッセを赤々と染め上げていく。「まだ踊り足りないみなさまへ!」のコールから、ハイブリッド&ダンサブルな“Balance cont(r)ol”のリズムとサウンドスケープが、頭も身体も目映く照射して、オーディエンスを一歩また一歩と高揚の果てへと導いていく。松本が奏でるブルータルなリフ・ワークと、村田智史(Bass)&大貫朋也(Drums)の爆裂ビートがせめぎ合う“バタフライスクールエフェクト”では、《理科準備室の片隅で 雄しべと雌しべがこんにちは》を《幕張メッセの片隅で~》と歌詞をアレンジして、フロアの温度をさらに高めてみせる。

「あけましておめでとうございます。真空ホロウです! みんな、音楽好きだなあ! すげえ残ってんなあ!」と村田。「来年、アルバムを出します! 『来年』じゃないわ、今年!」と宣言してフロアを沸かせたところで、「みんな、真空ホロウで最後だぜ? 全力出して、体力使い切んなきゃ嫌じゃね? いけるか幕張!」と煽り倒して、インディーズ時代の紅蓮の名曲“闇に踊れ”、幾何学模様的なギター・フレーズが狂騒への扉を開く疾走ナンバー“アナフィラキシーショック”、と次々に曲を畳み掛けていく。“週末スクランブル”のハード・エッジな爆裂サウンドが、《いったい何になりたいの?/やっぱり神になりたいの?》とシニカルで挑発的な歌の世界と相俟って描く、スリリングな高揚感。松本のアルペジオ&ディレイと松本&大貫のコーラス・ワークが乱反射する“被害妄想と自己暗示による不快感”の果てに広がる、透徹したロックの風景……研ぎ澄まされた感性のままに炸裂する歌と音像が、彼らの成長の足跡と「その先」を真っ直ぐに指し示していた。

まだまだ聴きたい!という熱気に満ちたフロアを見回して、「みなさんがまだ元気で、よかったです」と語りかける松本。「すごいいろんな感謝をしています。ありがとうございます。今の今まで、年を越した気分になってなかったんですけど、無事に年越しができました」。そして、最後にひと言「あけましておめでとうございます。真空ホロウでした」という挨拶を残して、荘厳なバラード・ナンバー“回想列車”を響かせて終了……かと思いきや、アンコールを求める手拍子に応えて、再び3人が登場! COSMO STAGEの4日間を締め括るラスト・ナンバーとして響かせたのは“サイレン”だった。痺れるような余韻とともに、頭と心に鮮やかな爪痕を残していった真空ホロウ。最高のエンディングをありがとう!(高橋智樹)




この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RO69
ロッキング・オン公式 音楽ニュースアプリ
COUNTDOWN JAPAN 14/15 公式アプリ中!
COUNTDOWN JAPAN HISTORY
レポート一覧