COUNTDOWN JAPAN 14/15・3日目、GALAXY STAGEのトップバッターはSCANDAL! たくさんのお客さんの歓声の中で登場した4人。「JAPAN、楽しんで行こうねー!」とHARUNA(Vocal & Guitar)。“DOLL”での幕開けから、集まったオーディエンスを豪快に煽るヘヴィなサウンドを鳴らし、キュートな楽曲でぶっ飛ばしていく4人。待ってました!と言わんばかりの客席からはたくさんの手が上がり、タオルがブンブンに振り回されている。続く“会わないつもりの、元気でね”ではイントロから「オイ! オイ!」の掛け声が沸き起こる。ちょっと切ない内容の歌だけど、彼女たちと受け手側のエネルギーが添えられて明るい未来を手にするような、そんな大事なコミュニケーションが生まれている。瞬く照明と共にRINA(Drums & Vocal)が繰り出すリズムも鮮やかにGALAXY STAGEを駆け抜けていった。
「COUNTDOWN JAPAN、楽しんでますか? 今日で私たち、仕事納めになるんです。なので1年分の感謝を込めて、ここに集まってくれたこと、絶対後悔させないから。みんなで最高の1日にしましょう!」とHARUNA。「今年は転機になる出来事がたくさんあったんですけど、その思いを新しいアルバム『HELLO WORLD』に込めることが出来ました。その中から聴いてください」と“Image”へ。苦悩やコンプレックスを素直に綴ったこの曲を懸命に鳴らす彼女たちの、それでも前を向いて進んでいくんだという気持ちがひしひしと伝わってくる。デビュー当時のようにお揃いの制服みたいな衣装も、演奏しながらステップを踏んだりするような振り付けもない。それぞれが好きな服を着て、いい意味で肩の力を抜いて音楽と向き合っているように思う。それもきっと彼女たち4人がバンドとして強いひとつのカタマリになれたからだ。今のSCANDALは本当にロックバンドとしてタフだ。更にアグレッシヴに“お願いナビゲーション”へ突入するとMAMI(Guitar & Vocal)のギターソロも炸裂し、ド迫力の演奏を響かせる。
「楽しんでくれてますかー? もう年末ですし、私たちも仕事納めということで、そんな感じの曲を聴いてもらいたいと思います」というTOMOMI(Bass & Vocal)のMCとリード・ヴォーカルで始まったのは“缶ビール”。伸び伸びとした動きでプレイしながら、彼女たちの等身大の想いが伝わってくる。
そしてラストは“Your song”。疾走感溢れるロック・ナンバーに切実なメッセージを託した、今のSCANDALならではの曲だ。《奇跡は起こらなくても》《鼓動が止まらないから》という歌詞は聴き手の勇気を呼び起こす。曲の後半、「みんな一緒に!」というHARUNAの声で「ウォーウォーウォー!」とオーディエンスの歌声が聴こえてきた。フロアは明るく照らされて「1年分の嫌なこと全部吹き飛ばして!」という言葉で、更にその声は大きくなる。「精一杯みんなで生きていこうね!」とHARUNAが叫び、最後まで最高の景色を見せてくれた4人。2015年は初のワールドツアーを控え、更なる飛躍が期待される彼女たちの見事なライヴ納めだった。(上野三樹)





この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RO69
ロッキング・オン公式 音楽ニュースアプリ
COUNTDOWN JAPAN 14/15 公式アプリ中!
COUNTDOWN JAPAN HISTORY
レポート一覧