いよいよスタートしたCOUNTDOWN JAPAN 14/15。GALAXY STAGEのトップバッターを務めるのはKEMURI。「ようこそ! 行かせてもらいます!」、挨拶の一言を添えて1曲目“shining stars”がスタート。スピーディー且つ軽快に刻まれるスカのリズム、華やかなホーンの音色、会場いっぱいに熱く広がる歌声に刺激され、フロアを埋め尽くした人々の興奮は早くも絶頂へと到達した。その勢いをさらに加速した2曲目は“My Hands”。ウキウキしたムードでいっぱいのこの空間に身を置いていると、ダンス衝動は勿論、こぼれる笑顔も止まらない! シンガロングを猛烈に誘った“ima-sorewo-hikarini-kaete-susume!”。誰も彼もが夢中になってジャンプし続けた“Ve-Ri-Ha”……会場内はオープニングの時点で既にとびっきりのダンスホールと化していた。

「1曲、カバーをやりたいと思います。スカパンクがもっと好きになった。そんな1曲です。もし踊れたら一緒に踊って。もし歌えたら一緒に歌って。もし隣の人が退屈そうにしていたら腹に一発(笑)」、伊藤ふみお(Vocal)がジョークも飛ばしつつ、RANCIDのカヴァー“TIME BOMB”。開放感たっぷりに躍動するサウンドがますます心地よい。続いて“Silent Stone”を届けた後、メンバー紹介。そして、「最高です! 新しい景色が見えて、今生きているんだという感じがします。新しい気持ちで一番古い曲をやろうと思います」という言葉を添えて“New Generation”。この曲を皮切りに雪崩れ込んだ後半戦は、ますます凄かった。“I am proud”“PMA(Positive Mental Attitude)”“Ato-Ichinen”……清々しいメロディとシャープなビートがパワフルに溢れ返っていった。

「どうもありがとうございます。音楽って本当にいいなと思います。KEMURIは日本でフェスというものが生まれたほぼ同時期にデビューして、いろいろな会場を経験してきました。ずっとずっと頑張るし。みんなもずっと応援してください。楽しんで帰ってね。では最後に。『いろいろあるけど陽気に行こう!』っていう曲です」と言い、ラストに披露されたのは“SUNNY SIDE UP!”。両腕を「バンザイ」のようなフォームで振り上げながら踊る人々の姿が、何とも言えず眩しいエンディングであった。(田中大)




この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RO69
ロッキング・オン公式 音楽ニュースアプリ
COUNTDOWN JAPAN 14/15 公式アプリ中!
COUNTDOWN JAPAN HISTORY
レポート一覧