2015年を迎えて早くも1時間が経過したCOSMO STAGEに立つのは、無期限の活動休止から今年不死鳥のごとく復活を遂げた女王蜂だ。ニッポンのお正月らしい風情あるSEに合わせて、やしちゃん(Bass)、ルリちゃん(Drum)にキーボードとギターを加えた4人が一列に並んで淑やかに新年のごあいさつ。そこに大胆に美脚を曝け出すミニスカ・チャイナドレス姿のアヴちゃん(Vocal)が加わると、会場にはサディスティックな色香と激しい轟音とが渦を巻き、変幻自在の女王蜂のロックが暴れまわる。“人魚姫”や“火の鳥”を立て続けに披露した後、ジュリアナ扇子を手に華麗な舞いを見せるアヴちゃん。そして曲の途中では「みなさんの2015年が素晴らしい年になりますように、思い切り歌わせてもらいます」とご祈願。ますますフロアを狂乱の渦へと呑み込んでいくのだ。

キーボードがキラキラと彩り、ギターがサイレンのように泣き声をあげた“イミテヰション”では、ふとスクリーンを見ると、やしちゃんの不敵な笑顔が。すごく楽しそうだ。そしてアヴちゃんが「あけまして?」とフロアにマイクを向けると、一斉に「おめでとう!」のレスポンス。これにはアヴちゃんが「おめでとうございます、やろ? 敬って」と、すかさず言い直しを要求。そして「あたし、めっちゃPerfume好きやんか」というわけで、“チョコレイト・ディスコ”のコール&レスポンスを2回披露。そしてラストは来週スタートのドラマ『怪奇恋愛作戦』の主題歌となっている新曲“ヴィーナス”を初投下する。新曲とはいえ、みんなで景気よく盛り上がるために、声出しパートを練習。本番では、何度も何度もそのサビを重ねながら、絶対不可侵の領域へとお客さんを導いていく。すごくいい!

ああ、やっぱり私たちには女王蜂がいないとダメなんだ。優雅にステージ袖へと消えるアヴちゃんの美脚を眺めながら、そう強く確信したライブだった。(秦理絵)




この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RO69
ロッキング・オン公式 音楽ニュースアプリ
COUNTDOWN JAPAN 14/15 公式アプリ中!
COUNTDOWN JAPAN HISTORY
レポート一覧