温かな拍手に迎えられ、MOON STAGEに登場したのはplentyの3人! 神聖さを感じさせる白い照明に包まれながら1曲目の“理由”でライヴはスタート。大切なものを壊さぬように奏でられる3人の確かなアンサンブルは安定感抜群。《大人になりたくて》と繰り返されるナイーヴなフレーズも、それを自ら受け止められるような包容力が今のplentyにはある。

一転して色濃い感情を浮かび上がらせるような“イキルサイノウ”への展開に、ドキリとした。ヴィジョンに映し出される江沼郁弥(Vocal/Guitar)のシャープな横顔と胸に突き刺さるようなその言葉に、新田紀彰(Bass)と中村一太(Drum)のふたりが刻む攻めのビートに、どんどん追い詰められるような集中力の高い演奏だ。

そして、思わずこのMOON STAGEの天井を見上げたくなるほど、一筋の希望のような伸びやかなメロディが広がったのは“空から降る一億の星”。今年の8月に中村が加入し、新体制の第一弾としてリリースされたこの曲。再びスリーピース・バンドとしてスタートを切った彼らは、また新たな道を見つけたのだろう。そのささやかな希望こそが真実なのだと今の彼らは教えてくれる。今日のステージではフロントふたりがドラムセットに寄ってみんなで何かを確かめるように音を鳴らしている瞬間もあった。この3人でひとつになった彼らの喜びが伝わってくるようだ。

「最後の曲です! いい1年でした。来年も、もっといい1年にしたいなあ。みなさんよいお年を、お元気で!」という江沼のMCから《もったいぶってどうすんの? 今しかないよ》という歌詞で始まる“枠”へ。タイトで凛とした彼らのアンサンブルとメッセージに、背中を押されるような思いがした。オーディエンスも男気溢れる彼らの演奏に、ハンズクラップと声援で応える。ちゃんとひとつひとつの信じた道を突き進んできたからこそこの光景があるのだろう。そんな素晴らしい今に立ち会えたことが嬉しい。演奏が終わり、江沼は両手を広げてすごくいい表情で「ありがとう、楽しかった!」と客席に告げた。(上野三樹)




この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RO69
ロッキング・オン公式 音楽ニュースアプリ
COUNTDOWN JAPAN 14/15 公式アプリ中!
COUNTDOWN JAPAN HISTORY
レポート一覧