COUNTDOWN JAPAN 14/15・4日目、年越しを目前に控えたMOON STAGEに登場するのは、今回で3年連続の出演となる小林太郎だ。2014年は、HARLEY-DAVIDSONのDEMO RIDE CARAVANのタイアップに選ばれるなど、新たな扉を開いてきた彼。そんな1年を締めくくるライヴで、どんなステージを見せてくれるのか。期待が高まる。

青色の照明に包まれて、小林太郎がステージに登場する。黒いフライングVを手に取り、ギターのイントロを奏でる。「イェェーーイ!!」という絶唱と共に始まった1曲目は、メジャー1stEP『MILESTONE』から“飽和”だ。天井を突き抜けるような小林の力強い歌声と、ハードなバンドサウンドがMOON STAGEに集まった観客の衝動を突き動かしてゆく。

「小林太郎です! もう2014年も終わりですね。僕、小林太郎は来年2月に3rd EP『DOWNBEAT』をリリースします! 今年も終わりということで、いろんなことに挑戦したそのEPの中から3曲やりたいと思います!」というMCから、まずは“Damn”をドロップ! サビに4つ打ちのリズムを取り入れたダンスチューンながら、ハスキーな声と骨太なギターサウンドでソリッドに仕上げた、これぞ小林太郎とでもいうような楽曲にオーディエンスも体を動かさずにいられないようだ。続けて“Show me”“opposite”と、宣言通り来年リリースの新曲を立て続けに披露。フェスというある種の「戦場」で、最新モードをしっかりと叩きつけることができる。今の小林太郎には、その自信と強さが備わっている。

「新曲、いかがでしたでしょうか? ちゃんと出来たぞ、コノヤロウ! 来年もバンバンライヴしていきます!」と高らかに宣言したかと思うと、「ラスト2曲の前に、カウントダウンの練習します!」と、なんと約1時間後に迫った年越しの瞬間の「予行演習」を実施! 「10、9、8、7、6、5、4、3、2、1……おめでとうー!!」と叫び、そのままライヴチューン“リバース”へとなだれ込んでいく様子には、思わず笑顔にならずにはいられなかった。オーディエンスと一緒になってこの祝祭空間をきっちりと楽しむ、これもまた小林太郎の愛すべき一面なのである。そして熱狂のまま、ラストナンバー“Baby's got my blue jean's on”へ。ギターをかき鳴らし、「イェーー!!」と叫ぶ小林と共に、会場の盛り上がりも最高潮に。バンドがステージから去った後も私たちの頭の中に響き渡る小林のシャウトの余韻が、2月に発売される新作と彼の2015年の活動への期待を膨らませる圧巻のアクトだった。(安田季那子)




この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RO69
ロッキング・オン公式 音楽ニュースアプリ
COUNTDOWN JAPAN 14/15 公式アプリ中!
COUNTDOWN JAPAN HISTORY
レポート一覧