結成15周年のROTTENGRAFFTYが、昨年のCOSMO STAGEからステップアップし、より広大になったGALAXY STAGEに立つ。サウンドチェックの段階で盟友・10-FEETの“RIVER”を1コーラスがっつりとカヴァーして大喝采を浴びたわけだが、いよいよの本編は大音量のノイズにまみれたN∀OKI (VOCAL)が「今年の汚れは今年のうちにーっ!! 今年のイヤなもん、全部置いていっちまえー!」とド迫力ヴォイスで言い放ち、今年のシングル曲“世界の終わり”を目一杯パンキッシュに叩き付ける。激流のような勢いに満ち、その奥底ではキラキラとしたサウンドがきらめいている。情感を伸びやかに、フロア一杯に広げるNOBUYA (VOCAL)の歌声も序盤から快調だ。そのNOBUYAが「俺らとお前らとで、カッコいいことしませんか!? カッコいいとこ見せてくれ!」と呼び掛ける“THIS WORLD”では、熱いメッセージに手を伸ばすように、無数の掌が揺れるのだった。

《OH-OH》と盛大な歌声を巻き起こしながら爆走する“銀色スターリー”。ROTTENGRAFFTYのコール&レスポンスから傾れ込む京都オリジナル“響く都”と楽曲を畳み掛ける合間にも、N∀OKIは煽り文句と胸を焦がすような男気メッセージを浴びせっ放しだ。ヘヴィなロック・グルーヴからKAZUOMI (GUITAR/Programming)の自由闊達でユニークなギター・フレーズが零れる“I & I”では、フロアにひしめき合うオーディエンスを屈ませて一斉ジャンプを敢行してしまう。今度はNOBUYAが「いいね幕張。でも、俺たちROTTENGRAFFTYなんですよ! もっと狂ったとこ見せてくれますか!?」と呼び掛け、昂ったシンセ・フレーズが弾け飛ぶ“D.A.N.C.E.”では、オートチューンを噛ませた歌が歓喜・狂騒の坩堝と化したフロアに溶ける。最高だ。

不動の5人で駆け抜けてきた15年。現在進行形のROTTENGRAFFTYこそが最強だ、とばかりに楽曲が並ぶステージは、ダブステップ混じりのアンセム“STAY REAL”を経て“金色グラフティー”に辿り着く。「やっときゃ良かったとか、そういうの一切ナシ! 後悔を残さないように、思いっきりやってまえ!」と最後まで激しく煽り続けながら、いつしか誰もが本気を引き出されてしまうステージは最高潮を迎えるのだった。(小池宏和)




この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RO69
ロッキング・オン公式 音楽ニュースアプリ
COUNTDOWN JAPAN 14/15 公式アプリ中!
COUNTDOWN JAPAN HISTORY
レポート一覧