高らかに第九が響きわたるなか登場したのは、上田剛士のソロプロジェクトAA=。まずNobuaki Kaneko(Dr/RIZE)、Minoru Kojima(Gt)、そしてTakayoshi Shirakawa(Vo/BACK DROP BOMB)、Takeshi Ueda(Ba&Vo)がステージに姿を見せると、大きな歓声が沸き起こった。が、そんな人々の声や拍手をもかき消すように、爆音を轟かせると、新曲(タイトル未定)のヘヴィなハードコア・サウンドを見舞う。

「準備はいいですか」(Ueda)。ラウドなギターをパワフルな2ビートが加速させ、Uedaが歌うキャッチーなメロディと、Shirakawaのパンチのあるスクリームがステレオ状態で襲う“LOSER”、ドラムの力強いキックにオーディエンスの腕が高く、高く掲げられる“WILL”、歪んだギターでゴリゴリと攻めるハードコア・サウンド“DISTORTION”と休む間もなく叩きつけた。今日いちばんか、前日通してもいちばんじゃないかってくらいの爆音と、それぞれにキャリアのある、数々のライヴの現場で鍛え上げてきた4人が繰り広げるタフなバンド・サウンドの密度の高い音塊・音圧が、強烈だ。

「まだまだいきますよ」(Ueda)の言葉でスタートした後半は、デジタルなビートと人力の重量感あるドラム・ビートで、高くジャンプさせる“posi-JUMPER”、硬質なアジテーション・サウンドの“ALL ANIMALS ARE EQUAL”で、体を揺らせる。

メカニカルで攻撃的なサウンドと、相反するリリカルなポップ性とがせめぎ合うように同居しているのがAA=サウンドの極みだが、そのバランスが劇的に詰まっているのが、“The Klock”。美しくエモーショナルなメロディへと開けていくこの曲から、現在から未来へと繋いで行く“FREEDOM”へと流れていく、熱く、カタルシスのあるステージとなった。最後にUedaは、「このイベントは、初めてライヴに来るような若い人がたくさん来ていると聞いています。そんな若い人たちがこれからの未来を作っていきます」と語りかけ、「今を生きる俺たち全員が、未来の創造者。よい未来、よい世界を作っていきましょう」と結ぶと、熱い拍手と歓声が会場を包んだ。(吉羽 さおり)





この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RO69
ロッキング・オン公式 音楽ニュースアプリ
COUNTDOWN JAPAN 14/15 公式アプリ中!
COUNTDOWN JAPAN HISTORY
レポート一覧