SEが流れ、青いライトで彩られたステージ上。内澤崇仁(vocal & guitar)、佐藤拓也(guitar & keyboard)、前田恭介(bass)、伊藤彬彦(drums)が登場すると、観客の間から熱い歓声が上がる。そして、1曲目“Meme”がスタート。グルーヴィーに躍動するサウンド、瑞々しいメロディが一気にGALAXY STAGEの隅々にまで広がる。「盛り上がる準備は出来てる? 飛び跳ねる準備は出来てる? 叫ぶ準備は出来てるか?」、煽りの言葉を挟んで2曲目“Boohoo”。「♪ブーフー!」と歌いながら飛び跳ねる人々のエネルギーによってグラグラ揺れたフロア。続いて、力強く刻まれるビートが激しい手拍子を誘った3曲目“MirrorDance”。猛烈に盛り上がるオープニングであった。

「改めましてこんばんは……じゃなくてこんにちは(笑)。楽しんでますか? 今日は短い時間ですけど、最後までよろしくお願いします」。内澤がメンバーを代表して挨拶した後、始まったのは“Shout”。この曲の演奏は本当に素晴らしいものであった。爪弾くギターと歌のみで密やかに幕開け、やがて他のメンバー達も合流。バンドが一丸となってドラマチックな世界を描き上げていく。andropの美しいアンサンブルを強く実感させられるひと時となった。

「お陰さまで僕らは今年5周年を迎えました。今年5回目のCOUNTDOWN JAPAN。そういう大切なフェスです。最初の頃は様子見の人が多くて、『もっともっといい音楽を作ろう』と思ってやってきました。夢って叶うんだなと。叶わないものもあるけど、努力していれば叶うものがあるんだなと思いました。今日の夢はここにいるみんなと歌うことです。一緒に歌える歌になっているので、一緒に歌ってくれますか? 今を一緒に楽しく過ごしましょう」、内澤が呼びかけて“Run”。ラテンテイストが香るサウンドに身を任せて踊りながら観客は大合唱。そして、“One”や“Te To Te”も立て続けに披露され、ラストを飾ったのは“Voice”。イントロが始まるや否や、フロア全体から起こったものすごい手拍子と大合唱。人々が飛び跳ねながら踊る風景が猛烈に美しかった。(田中大)





この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RO69
ロッキング・オン公式 音楽ニュースアプリ
COUNTDOWN JAPAN 14/15 公式アプリ中!
COUNTDOWN JAPAN HISTORY
レポート一覧