レポート一覧
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



暑さもようやく一段落した18時過ぎ。心地良い雰囲気のBUZZ STAGEだが、この熱すぎる男たちの登場によって、ガラッと一変するのだった。まず、マイクチェックで「おかあさーん!」と全力で叫ぶ男は、全参加アーティストを探しても恐らくこの柴田隆浩(Vo/G)しかいないだろう。

そんな彼らがこの日のSEに選んだのは、野々村議員の記者会見の音声だった。その音をバックにスーツ姿に身を包んだ柴田。「ひたちなか、またやってきました! 俺が、野々村!と言ったら、竜太郎!と返してもらっていいですか?」という時事ネタからの“僕らチェンジザワールド”! 喉が潰れてしまうのではないかと心配になるほどの大熱唱を初っ端からぶちかます柴田に負けじと、酒田耕慈(D)と梅津拓也(B)も爆音で応戦する。そこから“戦う時はひとりだ”“CからはじまるABC”と怒涛の連続技で、会場の熱を最高温度まで上げていく。

そして柴田が「改めまして、SMAPです!」と冗談を交えつつ、梅津がライヴを頑張りすぎた為に腰を痛め、今日は座りながらの演奏となる旨を説明した。「みんなの頑張り次第では立つかもね」と会場を煽ると、“この高鳴りをなんと呼ぶ”の歌詞を《明日には名曲がひたちなかに生まれんだ》と変え、会場のテンションを一層上げていった。そこからダンスナンバー“北極星”、さらにラストにはキラーチューンの“ばかばっか”を間髪無く投下し、会場一体のハンドウェーブを巻き起こした。さらに、「お前らEXILEって知ってるか? “Choo Choo TRAIN”って知ってるか?」と、大サビでの会場一体となった高速“Choo Choo TRAIN”ダンスに挑戦。さらにはその盛り上がりに乗じて、ラストサビでは梅津も立って果敢に前に出てプレイするというがむしゃら具合! こんなぶっ飛んで楽しいライヴアクト、忘れらんねえよ!と言いたくなってしまうような最高のアクトだった。(峯岸利恵)





この4日間の模様を凝縮した「ROCKIN'ON JAPAN増刊号 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」は9月13日発売予定です! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 フェス公式アプリ配信中!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL HISTORY