レポート一覧
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



ROCK IN JAPAN FESTIVAL初登場となるAIR SWELL。ギター、ベース、ドラムというシンプルな3ピース編成だが、そこから生み出される音はヘヴィでパワフル、そしてインパクト抜群だ。

まず1曲目は、6月に発表したミニ・アルバム『All Lead Tracks』に収録の“No going back”。ハスキーでパンチのあるヴォーカルも食らわせていくhamaken (Vo&G)、ステージを動きまわりアグレッシヴに観客を煽りながらプレイするTaisuke (B)、そしてドライヴ感のあるビートで観客を揺らしていくYudai(Ds)。多くのステージで研磨してきたエッジィなサウンドが、ここWING TENTの観客をがっつりと捉えていく。続く“savage”はプログレッシヴに展開するヘヴィ・サウンド。高速2ビートで盛り上げつつ、ジャンプやシンガロングもありの、フレキシブルなロックを展開していく。 「やっとこのステージに立つことができました。ロッキンジャパン。今日は、この先ずっと忘れられんような最高な一日にしよう。腹から声出せ!」ーーTaisukeのこの言葉から“アンビヴァレンス”、そしてR&Bの香りをも漂うモダン・ヘヴィネス“Kick it Knock it !!”を一気に投下。パワフルなヴォーカルだが、独特の憂いや色っぽさがhamakenの声にはある。

「俺らはライヴ・ハウスで育ってきたバンドで、こういうお祭りも大好きだけど、今度はお互いの拳がかちあう距離で一緒に遊びましょう。またどっかで会おう」とhamaken。その言葉に、大きな拍手と歓声が応えた。(吉羽 さおり)





この4日間の模様を凝縮した「ROCKIN'ON JAPAN増刊号 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」は9月13日発売予定です! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 フェス公式アプリ配信中!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL HISTORY