レポート一覧
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



明るい真昼の太陽に照らされたSOUND OF FOREST。待ちわびたお客さんがうずうずしているムードが伝わってくる中、まずは楽器隊のSho(Gu)、Teru(Gu)、Nob(Ba)、Masack (Ds)が登場。続いてHiro(Vo)が現れると、1曲目“Black Rail”が華々しくスタートした。バンドが一丸となって放った爆音が、周囲の森で鳴いていた蝉の声を一瞬でかき消す。刻まれるヘヴィなビートが大地を不穏に揺らすのを感じながら、集まった人々は早くも掲げた腕を勢い良く振りながら踊り始めた。

「一緒に遊びませんか? ROCK IN JAPAN!」とHiroが呼びかけて突入した2曲目“The Story Is My Life”。この曲を皮切りに“FAKE”“Awake”“最終回STORY”……ほぼノンストップで5人の全力の演奏が続いた。アグレッシヴな爆音と瑞々しいメロディの間を行き来し、エモーショナルに高鳴って行く楽曲の数々が猛烈にカッコいい。「本物のロックバンドを見せてやるよ。一緒に暴れようぜ!」とHiroが煽ると、お客さんたちは一層力強く飛び跳ねて興奮を露わにする。その勢いでフィールド全体からすさまじい土埃が立ち上った。

「こんなにたくさんの人がいる。俺らに協力してくれますか?」とHiroが言い、雪崩れ込んだ“Take it Back!!”も激しい手拍子を誘った。そして、ラストを飾ったのは“Second Limit”。「ここにいる全員の力が必要です!」という呼びかけに応え、人々の間から全力の大合唱が起こる。その熱い響きに包まれながら迎えたエンディングは痛快そのもの。心地よい残響と熱気を残して、5人はステージから去っていった。(田中大)





この4日間の模様を凝縮した「ROCKIN'ON JAPAN増刊号 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」は9月13日発売予定です! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 フェス公式アプリ配信中!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL HISTORY