レポート一覧
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



灼熱のステージングでLAKE STAGEを最高潮に盛り上げたKEMURIが繋いだバトンが、ひとりの熱い男の手に渡った。「メガネが割れるほど唄います」と話す高橋優の情熱的で力強い歌声の放つ熱は、果たして燦々と照りつける真夏の太陽に勝てるのだろうか? 高橋と夏の一騎打ちが始まった。

盛大なハンドクラップに呼ばれ、走ってステージ中央に現れた彼は、両手を大きく広げて大歓声に応えた。そして「一緒に飛ぼうぜ、ひたちなかー!」の叫びと共にジャキジャキとかき鳴らされたアコースティックギターの音色で始まったのは“パイオニア”! 《そのときを分かち合う 誰かが居て初めて心底笑える将来》と歌うように、この時間にこの場に居合わせる全員を熱いステージに巻き込んでいく覚悟を感じる。そして「どうしたひたちなか? まだまだそんなもんじゃねぇだろ!?」と会場一体のシンガロングを巻き起こした“(Where's)THE SILENT MAJORITY?”へと続き、ガンガンと熱を上げていった。

3度目のLAKE STAGE出場を果たした高橋は、8月6日にリリースとなるアルバム『今、そこにある明滅と群生』から“太陽と花”“明日への星”で、ノスタルジックなメロディーに乗せた、魂を揺さぶるような力強い歌声を披露。
そして高橋の地元秋田の伝統的祭りを歌ったキラーチューン“泣ぐ子はいねが”を「みんなと、この空より熱くなりたいんだ! ここで一回ピーク迎えようぜ、ひたちなか!」と、ステージを右に左に走りながら会場全員のシンガロングのもと全力で歌い切った。しかし、ここで終わる男ではないのが高橋優だ。弦が切れてしまうのではないかというほどの力強いカッテイングでアコギを掻き鳴らしながら“こどものうた”で爆走し、ラストの“同じ空の下”まで全力で駆け抜けていった。

「またみなさんと同じ空の下で会えるように」晴れ晴れとした表情で話した高橋は、空の太陽より輝いていた。(峯岸利恵)





この4日間の模様を凝縮した「ROCKIN'ON JAPAN増刊号 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」は9月13日発売予定です! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 フェス公式アプリ配信中!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL HISTORY