レポート一覧
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



ゆっくりと歩きながらメンバーが登場すると、「フゥー!」と上がる歓声。そして向井秀徳(Vocal,Guitar,Keyboard)が赤いコップに入った飲み物(アルコールだろうか?)をグビッと一飲みすると「フゥゥゥー!!」とさらに上がる歓声。涼しい風が吹き抜けるSOUND OF FORESTにはZAZEN BOYSの登場だ。「そう、ROCK IN JAPAN!MATSURI STUDIOからやってまいりましたZAZEN BOYS。それでは今日の1曲目行ってみよう!」。向井が意気揚々と口早にそう告げると、奇天烈なリズムを纏いながら、しかし絶妙な色を出しながら重なっていく音たち。1曲目は“破裂音の朝”、そのまま “HIMITSU GIRL'S TOP SECRET”へと繋げる。オーディエンス一人残らず体内の細胞を活性化させてしまいそうな、文字通りの爆音。「ヨッ!」「ハッ!」などの合図を出すかのような声に合わせてタイトなアンサンブルを繰り広げたり、かと思えば口頭で「タダダダッダッダダッ」と楽器を演奏せずにリズムを唄ってみせたり、そして “はあとぶれいく”では向井がハンドマイクを思いっきり下げて屈みながら唄うという謎の遊び心を見せたり――と、完全にフリーダムな4人である。サイケデリックなキーボードの音色を引き継ぐような形で吉田一郎(Bass)の乾いた低音が冒頭を飾る“I Don’t Wanna Be With You”では、《I Don’t Wanna Be With You》というフレーズのリフレインを受けていくつもの頭が揺れるSOUND OF FOREST。「みなさんお集まりいただきましてありがとうございます」と一言だけ告げると、松下敦(Drums)の疾走感溢れるリズムを筆頭にアグレッシブなサウンド世界が繰り広げられる“RIFF MAN”では「ジャパーン!」と向井が何度もシャウト! アウトロでは白熱のセッションを展開し、「ZAZEN BOYS、乾杯!」と叫んでから去っていった4人。タイトルコール以外はほとんどMCなしだったが、人々を興奮させるにはそのファンキーなリズムとグルーヴだけで十分だった、といえるだろう。(蜂須賀ちなみ)




この4日間の模様を凝縮した「ROCKIN'ON JAPAN増刊号 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」は9月13日発売予定です! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 フェス公式アプリ配信中!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL HISTORY