レポート一覧
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



青、赤、黄とキレイに色分けされた衣装に身を包んでマーヤLOVE、リンダdada、シンノスケBoysのメンバー3人が姿を現した。すっかり日が落ちたひたちなかに、それぞれの原色がよく映える。「行けるか、ロッキンー!」とマーヤが叫ぶ。PARK STAGEのトリを飾るのはN’夙川BOYSだ。まずは“プラネットマジック”を皮切りに、個性極まるロックンロール・ショウのスタートだ。リンダがドラム、マーヤはヴォーカル兼ギター、シンノスケはギターというフォーメーションで、ポップでエッジーなガレージパンクを搔き鳴らす。ラフな演奏にパワーとエナジーを大量注入した“Freedom”に移ると、リンダは立ったままドラムを叩く熱の入りよう。「あんたたち相当ロック好きだねえ」とマーヤが言うと、「ほんまにぎょうさん来てくれて、ありがとう! アメちゃんみたいなあなた達に捧げる曲・・・行くで? 行きまっせー!」とリンダが続くと、すかさず“Candy People”をプレイ。リンダはステージ前に出てマイクを持ち、シンノスケはドラムを担当。曲によって担当楽器がコロコロ変わるのも、N’夙川BOYSの醍醐味だ。

ポップかつキュートなメロディを存分に振り撒き、観客の心を骨抜きにしていく3人。そして、白眉は“物語はちと?不安定”。マーヤとリンダの2人がハンドマイクで歌を分け合う。「トリだよね? 夢じゃなかった。世界でいちばんクソなバンドがトリをやってる!」とマーヤは自嘲気味なMCをしていたが、観客からは温かい拍手が起きていた。本編最後の“死神DANCE”、そしてアンコール曲“フェアリー”でマーヤが断末魔のごとき叫びを放つ。まるでロックンロールの美しさそのものを体現しているようなアクト。とにかくグッと来た、トリのライヴだった。(荒金良介)





この4日間の模様を凝縮した「ROCKIN'ON JAPAN増刊号 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」は9月13日発売予定です! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 フェス公式アプリ配信中!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL HISTORY