レポート一覧
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



延原達治(Vo/G)、手塚稔(G)、高橋達哉(B)、吉田学(Key) 、森原光司(D)が登場して“エレベーター No.9”を演奏するや否や、WING TENTに濃厚なロックンロールの匂いが漂い始める。そして延原の「サマー・オブ・ラヴに相応しい可愛い曲をお送りしましょう」というMCで始まったのは、とびきりキュートなポップチューンの最新曲“キッスを、もう一度”。歌詞を《ひたちなかの月の砂浜》と変えて歌うなど、延原のチャーミングなサービスに会場は手を上げて応えた。

そして彼が「ALL RIGHT, EVERYBODY?」と会場に呼びかけると、特別ゲストとしてオカモトズのオカモトショウとオカモトレイジが飛び入りで登場! 豪華な親子競演に、会場からは大歓声が沸き起こる! そして“BOOGIE GO GO”のイントロを掻き鳴らすや否や、延原がステージの照明を消してほしいと指示。真っ暗になったステージから「真っ暗になったぜ。右も左も真っ暗闇の世の中ですが、目に見えるものが全てじゃないんだぜ?」と言い放ち、そこから豪快に演奏が始まる。オカモトショウが全霊込めてハーモニカを吹き、さらに森原&レイジのツインドラムが叩き出す重厚なドラミングに胸も身体も踊る! その上を押し寄せる波の如くうねる高橋のベースライン、そして吉田の多彩な鍵盤サウンドが絡み合うと、7人が繰り出すグルーヴは絶頂を迎える。

「もうちょっとやっていいかい?」と続いた“SPIKE DRIVER BLUES”のハイスピードブルースに全身を委ね、ラストの“I NEED YOUR LOVE”までノンストップで駆け抜けていった。これが、結成30年目のバンドの本気なのか。思わず「シビれる!」と言ってしまいたくなる、ハイブリッドなロックンロールショーだった。(峯岸利恵)





この4日間の模様を凝縮した「ROCKIN'ON JAPAN増刊号 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」は9月13日発売予定です! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 フェス公式アプリ配信中!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL HISTORY