レポート一覧
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



心地良い風が吹いているせいか、昨日の同じ時間に比べると暑さが若干和らいだように感じる昼下がりのLAKE STAGE。日陰に入るとひんやりとした涼しささえ感じられる天気のなか、秦 基博の伸びやかで爽やかな歌声が風に乗って高く、どこまでも遠く響き渡った。

開演時間ピッタリに鳴り出したバスドラムのリズムに合わせてハンドクラップが沸き起こると、ゆったりとした足取りで秦がステージに現れた。アコースティックギターを手にし、“ダイアローグ・モノローグ”の伸びやかな調べが会場を優しく包み込む。「みんな、暑いけど楽しんでいってください」という明るい声で始まった“今日もきっと”、そして“グッバイ・アイザック”では、ミディアムテンポに合わせて、またハンドクラップがLAKE STAGEを包む。
そして一転、“自画像”ではジャジーな雰囲気を醸し出し、またひと味違った秦の表情を見せる。どんな色の曲であれ、秦が声を出す間は、思わず動くことを忘れてしまう。それは、彼の声にこちらの身を預けてしまえるような安心感があるからだ。

「暑いから次の曲いきますか」とMCも早々に始まった“鱗(うろこ)”では、会場から歓声と拍手が沸き起こる。そして、曲が終わるとサポートメンバーをひとりひとり紹介し、最後にステージには秦とアコースティックギターだけが残った。「みんな知らないかもしれないけど…ドラえもんって知ってますか?」と笑いもとりつつ、映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌になった最新曲“ひまわりの約束”をラストに弾き語りする。
この場所だけ時間が止まったかのように、会場に居る観客全員がその切なく温かい歌声に全てを委ねていた。真夏の暑さも忘れさせてくれる心地良い風が吹き抜けるような、優しいライヴアクトだった。(峯岸利恵)





この4日間の模様を凝縮した「ROCKIN'ON JAPAN増刊号 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」は9月13日発売予定です! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 フェス公式アプリ配信中!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL HISTORY