レポート一覧
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



今日のWING TENTも折り返し地点。熱いロック・バンドたちのステージが続いたところで、次に登場するのはROCK IN JAPAN FESTIVAL初登場のダンス、ヴォーカル・グループ、東京女子流。多くの人が詰めかけたテント内に熱気が立ち込める。そんななか“Limited addiction -Unlimited addiction Mirrorball Royal Mix-”のイントロが鳴り響き、アッパーなエレクトロ・ビートに、観客の「オイ!オイ!オイ!」コールが重なっていく。そして白い衣装で元気よく登場した5人に大きな歓声が沸いた。

曲のタイトルにもあるように、披露される曲はライヴ仕様に、またさらにアグレッシヴなダンス仕様へとアップデートされたリミックス・ヴァージョン。ダンス、ヴォーカル・グループということで、魅せることにこだわった東京女子流のステージだ。
続く“ふたりきり”ではキュートなダンスと歌で攻めると、次の曲では「今日はスペシャル・ゲストを呼んでいます」とtofubeatsを呼びこむ。そして先日配信されたtofubeats×新井ひとみによる新曲“Come On Honey! feat. 新井ひとみ( 東京女子流)”をここで披露。爽快なサマーチューンで会場をポップに盛り上げていく。曲の後半からは再び4人もステージへと登場して、観客といっしょにさらに賑やかに、夏らしいアッパーなダンスを楽しんでいった。

そして後半戦は“Liar -RE:NDZ Remix-”でスタート。こちらもかなりアグレッシヴなEDMチューンへのニュー・リミックス。定番曲でも常にフレッシュで、トラックもダンスも新鮮な状態で楽しませていく。東京女子流の真髄がわかる、何とも鮮やかなステージであった。(吉羽 さおり)





この4日間の模様を凝縮した「ROCKIN'ON JAPAN増刊号 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」は9月13日発売予定です! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 フェス公式アプリ配信中!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL HISTORY