レポート一覧
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る




ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014、2日目開幕! フェス総合プロデューサー・渋谷陽一の「私が彼らの前説をするのは(夏冬合わせて)3回目になります。つまり、トップバッターをお願いすることが多いんです。『NICOに始めてもらうと、1日が最高になるんじゃないか』と。エネルギーに満ちた演奏で、今日も最高のスターターを務めてもらいたいと思います!」という前説を受けて、NICO Touches the Wallsの4人が意気揚々とGRASS STAGEに登場! 「朝一番からGRASS STAGEに集まってくれてどうもありがとう! 最高の1日にしましょう! 目覚めの一発!」という光村龍哉 (Vo.&Gt.)のコールとともにぶっ放した1曲目は“手をたたけ”! 灼熱の太陽以上に晴れやかなメロディが、GRASS STAGEをクラップと祝祭感で満たしていく。そのまま“ニワカ雨ニモ負ケズ”へ! 坂倉心悟 (B.)&対馬祥太郎 (Dr.)のタフな疾走感に満ちたロックンロールのリズム、光村&古村大介 (Gt.)のアグレッシヴなギター・サウンド、全身から生命力をほとばしらせるような光村のヴォーカルが一丸となって,広大なフィールドを至上の熱狂空間へと塗り替えていく。

“バニーガールとダニーボーイ”のソリッド&グルーヴィーなビートの中、《踊るクレイジーな民》を「踊れクレイジーなひたちなか!」とアレンジして歌い、オーディエンスの手が高々と掲げられた会場を見渡して「俺の手が6万本あればさ、後ろのテントのほうまで全員掴んで前の方まで連れてきたいんですけど。今日は気持ちだけ掴んで放しませんよ!」と叫び上げる光村に、熱い拍手喝采が湧き起こっていく。立て続けに“そのTAXI.160km/h”、さらに“ホログラム”へ! 荒馬ロックンロール・ナンバー=“THE BUNGY”では「GRASS STAGE、跳べよ!」という光村のシャウトに応えての一面のハイジャンプに大地がでっかく揺れ、「GRASS STAGEに捧げます!」という宣誓とともに鳴り響いた“夏の大三角形”の夏空そのもののような爽快なサウンドが、至福の時間を描き出していく。

4人一丸のドラム乱れ打ちでひたちなかの空気をびりびりと震わせた後、「ありがとう! もう何回も何回も出さしてもらってますけど、文句なしで今日が一番楽しいです!」と満足げな表情で語りかける光村。「でも、こんなもんじゃないんで。もっともっといい曲書いて、ひたちなかを揺らしに来ます! ついてきてくれよ!」。歓喜に満ちたステージのラストは最新シングル曲2連発! 古村の超高速タッピングとともに流れ込んだ“ローハイド”のパワフルなロック・アンサンブル。“天地ガエシ”のスリリングに加速するビートが描き出した圧巻のクライマックス。2006年の初出演以来8回目のROCK IN JAPAN FESTIVAL出演となるNICO Touches the Walls。格段に骨太さとスケール感を増したその歌とサウンドで、この1日の最高の幕開けを飾ってくれた。(高橋智樹)




この4日間の模様を凝縮した「ROCKIN'ON JAPAN増刊号 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」は9月13日発売予定です! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 フェス公式アプリ配信中!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL HISTORY