レポート一覧
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



八王子Pとkz(livetune)によるDJに続いて、BUZZ STAGEではLyu:Lyuのライヴアクトがスタートする。“アノニマス”でライヴの口火を切れば、そのエモーショナルなヴォーカルとシャープでタイトなバンドアンサンブルが、BUZZ STAGEのオーディエンスの心を掴んでいく。“Seeds”のサビではオーディエンスの手が上がり、フロアに爽快な熱狂が広がっていく。

「どうもありがとう。ここ(BUZZ STAGE)を選んでくれてありがとうございます」とコヤマヒデカズ(Vocal, Guitar)が語ると、オーディエンスからは温かい拍手が送られる。「俺たちがバンドを初めて間もないころ、ROCK IN JAPANは、それはそれはすごいイベントでした。もちろん、今もそうだけど。自分の好きなバンドがたくさん(ROCK IN JAPAN FESTIVALに)出ているのを見て、複雑な思いで雑誌やテレビを見ていました。その時、俺はずっとこんな思いを抱えていんだと思います」――コヤマがそう語って歌ったのは、どうしようもない孤独を吐き叫ぶナンバー“メシア”だ。オーディエンスの胸倉を掴むようなそのヒリヒリとした歌声でBUZZ STAGEを圧倒すると、続く“ランララ”では一転し、フロアを大きな歓声に包み込んでいく。

「9月に新しいシングルを出します。ツアーもあります!ここにいるみんなが今日、この時間、この場所にいて良かった」と語り、ラストに歌ったのは“暁”。フロアではオーディエンスの拳が上がり、華やかな熱気を呼び起こす。その感情をむき出しにしたロックで、BUZZ STAGEのオーディエンスの大歓声を勝ちとったLyu:Lyu。観る者の胸に忘れられないインパクトを残すような、鮮烈で、力強く、そしてどこか物悲しい、だからこそ愛さずにはいられないライヴだった。(大山貴弘)





この4日間の模様を凝縮した「ROCKIN'ON JAPAN増刊号 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」は9月13日発売予定です! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 フェス公式アプリ配信中!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL HISTORY