今週の一枚 ゼッド『トゥルー・カラーズ』

今週の一枚 ゼッド『トゥルー・カラーズ』

ゼッド
『トゥルー・カラーズ』
5月20日(水)発売


6月の来日公演も早々にソールドアウトしてしまったEDM界きっての貴公子ゼッド。アレッソやディロン・フランシスといった面々のアルバムもリリースを近く控え、また、いつリリースされてもおかしくないかもしれないアヴィーチーの次作もあり、フェスシーズンの夏に向けてこの界隈は大騒ぎの状態になっている。

ここ日本でもEDMという現象は、一般層にも充分に広がったという意味で一定の落ち着きを見せているが、じつはロック・リスナーがまだ最も「遠いもの」として見ている観もあるのではないか。でも、「EDM」と言ったら軽薄でBPMが速いだけの音楽、という見方はもうやめにしよう。あるジャンルが活性化すればするほど、その中にいくつもの流れが出来ていくのはロックも同じだ。

EDMと大きく括ってしまいがちだが、一発決めればいい、というようなDJ、パーティー的な価値観ではなく、「アルバム」という一貫性に向かうアーティストがたくさんいる。ゼッドはまさにその筆頭であるということを、このアルバムできちんと証明してみせているのだ。

とにかく歌メロがいい。特に表題曲のクオリティはポップ・ソングとしてトップレベルだし、”Beautiful Now”や”I Want You To Know”など歌い上げナンバーは、ソングライターとしての意地を見せている感じすらある。シンセの鳴り方も、一風変わったエキゾチックなコード進行を見せていたりして、アーティスティックな発見が随所にある。
羽鳥麻美の「POP郊外散歩」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする