今週の一枚 ストレイテナー『Behind The Scene』

今週の一枚 ストレイテナー『Behind The Scene』

ストレイテナー
『Behind The Scene』
10月22日発売



ようこそ宇宙の真ん中へ
嘘じゃない 案ずるなかれ
ここらで さあ愛を叫ぼうぜ
歌え!
(“Super Magical Illusion”)

シングルとしてこの曲を聞いた時に、こんな歌詞が出てきたことにも驚いたが、
こんな歌詞がなんの不自然さもなくハマるほどの曲の振りきりっぷりにも驚いた。

直球のテナー・ロックかと思いきや、2番が終わった後に突然出てくるキラキラの四つ打ちのJ-POPメロディー。

今までのテナーだったらありえない展開だが、めちゃくちゃ痛快だった。

そして、テナーが新しい季節に突入するいい予感がした。


予感的中。
アルバムの一曲一曲それぞれがそれぞれいろんな方向に振り切れていて、楽しい。

これまでもテナーはいろんな方向の音楽性に挑戦してモノにしてきたが、
今回は挑戦というよりも、いい意味で遊びの楽しさが感じられる。
にもかかわらず、ロックとして格段にパワーアップしていて、ポップとしてのクオリティーも飛躍的にアップしている。

目標を定めてクリアするこれまでのテナーの進化の仕方ではなくて、
すべてが「気持ちいい」方へ振り切っているのだ。


そして、これまでの殻を破ったかのようなフレッシュなアレンジ/構成に満ちていてカラフルなアルバムであると同時に、
感動の深さも増している。
それは、ホリエの歌のメロディー、特にサビやキメのフェイクのメロディーの押しの強さが増して、これまでよりも奥へ奥へと連れてかれるからだ。

いやあ、いろんな意味で大人になりましたなぁ。


かたくななまでにストレイテナーとしてのロックを築き上げてきたという自信を持って、
今のテナーはこれまでの殻を破って次へと歩き出そうとしている。

改めて、タフなバンドだと思う。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする