今週の一枚 WANIMA『Everybody!! TOUR FINAL』

今週の一枚 WANIMA『Everybody!! TOUR FINAL』 - 『Everybody!! TOUR FINAL』『Everybody!! TOUR FINAL』

WANIMAのライブ映像作品はさいたまスーパーアリーナの『JUICE UP!! TOUR FINAL』以来だが、新作のジャケット・アートワークで大蛇と対峙するWANIMAの3人の傍らには、『JUICE UP!! TOUR FINAL』で描かれていたカエルがお供のように寄り添っている。さながら冒険物語のヒーローがRPGのパーティのように、戦い、仲間を増やしながらライブの規模を一気に拡大させてきたWANIMAの姿を、戯画的に捉えた楽しいアートワークだ。

2018年8月25日・26日。埼玉・メットライフドーム。WANIMAにとって初のドームライブは2日間で7万人を動員した。本作には26日ライブ本編の大部分が収録されている(音源化されていない“りんどう”や、アンコールのうちの数曲は未収録)。この日はとても熱く、暑い日だった。メットライフドームは側面の壁がなく外気が自由に入り込む構造で、屋内ライブでありながら野外ライブのムードを兼ね備えた、ユニークな空間である。スタッフと共に巨大なスペクタクルを構築しながら、WANIMAは夏の暑さと風の匂いが記憶に刻まれるライブを実現したかったのだろう。

KENTA(Vo・B)がスイカ割りで露骨にズルをするシーンがカットされていたり、ステージごと花道を移動するド派手なギミックが発動するシーンでは一部FUJI(Dr・Cho)の音声が伏せられていたり、そのわりにKO-SHIN(G・Cho)が急遽トイレに走るハプニングはしっかり残されていたりと、居合わせた3万5千人が笑いながらツッコミを入れてしまいそうな編集ではある。しかし、肝心の演奏シーンは白熱に次ぐ白熱、ステージを遠目に観ていたオーディエンスも、あらためて3人の熱量と迫力に圧倒されるはずだ。

パンキッシュなスピード感に満ちたWANIMAのライブは、大規模なライブ会場が不思議なほどよく似合う。そこに込められたメロディが触れる者のハートを掴んで離さず、また歌詞のエモーションがズシリと胸に響く手応えを残してゆくからだろう。5月に配信リリースされた“Drive”が、オーディエンスにがっちりと共有されている様子も映像からしっかり伝わってくる。猥雑で刹那的な“オドルヨル”~“サブマリン”の流れから、稀代のアンセム“シグナル”へと連なるクライマックスは、WANIMAの一期一会のライブ体験と、いつでも心に寄り添う歌心の両面を見事に描ききっていると思う。

この日のアンコールの模様はリクエストに応じて披露された“TRACE”のみ収録されているが、「Everybody!! Tour」幕張メッセ公演の360°ステージによるパフォーマンスもボーナス映像「エビバデツアーの面影」として含まれている。“SNOW”の名演に触れることができて良かった。すでに最新ツアーも開催中ではあるけれど、何度でも歌詞のフレーズを反芻して伝えようとするKENTAのように、この2018年夏の暑い日の記録は、いつかのあなたに今のあなたを鮮明に思い出させるだろう。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする